HOME >  短頭種  > 短頭種について

短頭種について

当院では、短頭種への診療を積極的に行っています

軟口蓋の過長

鼻の短い犬は、鼻の長い犬と比べて、鼻と口を分けている「軟口蓋」と呼ばれている部分が
気管の入り口にひっついてしまいやすく、うまく空気が肺に入りにくくなってしまいます。

この問題は年齢を重ねるにつれて悪化してしまいます。早期に手術をする必要があります。