HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

何歳まで麻酔をかけられるの?

A.年齢よりも重要な事があります。
それは、そのわんちゃんの今の健康状態です。

麻酔は主に肝臓で代謝されて、腎臓で排出されます。
個体差はありますが、基本的には生後8週齢以降になれば麻酔を安全にかけられるといわれています。

飼い主様で「もう年だから麻酔は・・・」という方がいらっしゃいますが、
"病気"と"麻酔のリスク"を天秤にかけ、
結論を早めに出すことが良い結果を生む事もあります。

その為当院では、麻酔をかける必要がある処置の際には
「血液検査・レントゲン検査・心電図検査」を行い、必要により「内分泌検査・超音波検査」を行って
麻酔のリスクを必ず評価し、その子の状態に合わせた麻酔を計画してから処置を行っております。