HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

足の痒み

「うちの犬が足を舐めるのですが…」と病院で相談して
ストレスですね と片付けられた経験がありませんか?

実は、この皮膚病の原因の9割はストレス性ではなく、治せるものです。
治療後も適切なケアが必要になる子もいます。
残りの1割はストレス性ですが、コントロールが必要な子、治る子もいます。


うちの子が舐めていて、手足が濡れている
布団に入ろうとすると、布団が濡れて…
ペチャペチャ音がして寝れない…


…わかります。治しましょう