HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

お尻を痒がる

ブルドッグは、他の犬種に比べてお尻を痒がる・擦る行動が多くみられます。

◆原因
原因が他の犬種に比べて、ブルドッグは1つ多くあります。
ブルドッグの中には、尾がお尻にめり込んでしまっている子や、尾とお尻の間に隙間がない子がいますが
そういった子達はお尻と尾の部分に感染を起こし、痒みを起こしやすいです。
壁や床にお尻を擦りつけて、かいているうちに肛門の部分も擦れてしまい、今度は
肛門の部分までも痒みが出てくるという事が起きてきます。

◆注意すべきこと
肛門周囲には決して外用薬(ステロイドや抗生剤)を使用しないようにしましょう。