HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

ブルドッグの皮膚病の治療方針

当院は、皮膚科の病気に力を入れて診療を行っております。
なかなか治らない皮膚病で来院されるわんちゃんには、
複数の病気が重なって、皮膚病を悪化させ治療が困難になっているパターンが多いです。

特にブルドッグの皮膚病は他の犬種に比べると、
よく発生する場所として「口の周り」や「眼の周り」が加わります。
そして、皮膚のたるみが多いために、
皮膚同士がこすれ合う事による炎症が持続的に起きてその場所に微生物が発生します。
また、治りが悪く、再発を繰り返すという事が特徴です。
その為、ライフスタイル等も考慮した治療プランをご提案する様にしております。


‐当院の皮膚病の治療方針‐
◆ 治療の単純化
◆ 対症療法ではなく、原因療法
◆ 適切な抗生剤、シャンプーの選択

先程も述べたように
皮膚病は、様々な因子が複雑に絡み合う事で問題を悪化させ、治療が困難になるパターンが多いです。

そのため当院ではターゲットを絞り、必要な期間、必要な種類の薬を処方して
まずは完全に治すことを目指します。
経過や状態によっては、皮膚の細菌の培養・感受性検査を行い
どの抗生剤が効果があるのか確かめてからお薬を処方します。

完全に治るようであればその状態を維持する為の指導をし、
完全に治らない場合は最低限の治療で維持できるようにします。

皮膚病ではよく食事の問題が挙げられる事が多いのですが、
実際には食事が主な原因となっているものは非常に少ないです。