HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

ブルドッグの避妊・去勢手術について

当院では、ブルドッグの避妊・去勢手術を積極的に受け入れており、症例も多くあります。
基本的には、朝お預かりして、夕方お返しの日帰り手術です。

‐特徴‐
当院では、短頭種の麻酔の際に起きやすい問題を考慮して以下のことを行っています。
◆ 手術前の検査
◆ 麻酔薬の選択
◆ 手術中の管理
◆ 手術後の管理


◆ 手術前の検査
当院では、通常のレントゲンでは映りにくい短頭種の骨格・気管の太さなども
デジタルX線画像診断CRシステムを使うことにより、手術前にしっかりと確認して気管チューブを選び手術に臨みます。


◆ 麻酔薬の選択
当院では、覚醒の早い麻酔薬を選択しています。


◆ 手術中の管理
手術中もスタッフがしっかりとモニタリングを行います。
処置では、血管シーリングの機器を併用することにより、お腹の中に残す糸を極力減らします。


◆ 手術後の管理
短頭種に精通したスタッフが覚醒までをサポートします。
退院後の注意点は、お返しの時にお話ししています。

その子の状態によっては、軟口蓋切除・鼻腔狭窄に対する処置も同時に行えます。