HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

未去勢の男の子におこる問題 ~前立腺について~

人間の男性が高齢になると起こる病気に前立腺肥大があります。
未去勢のわんちゃんでも同様で、約6歳以降から前立腺の肥大が始まるといわれています。
人間とわんちゃんの違いは、人間の場合は内側に肥大(尿道を圧迫しおしっこが出辛くなります)し、
わんちゃんは外側に肥大するために大きくなりすぎるとうんちが出辛くなります。
病気がかなり進行しなければうんちは出なくなりませんが、
前立腺の内部に嚢胞(袋状で内部が液体のもの)ができる場合があります。

前立腺

これは、フレンチブルドッグ 6歳 未去勢の男の子の超音波検査の画像です。
前立腺はそれほど大きくはありませんが内部構造が正常の子より粗く、また嚢胞様の空間も見られます。
症状は見られませんが、今後去勢を行わないと病態が悪化し症状が出るかもしれません。

前立腺肥大の初期は去勢をすることで、その肥大の原因の男性ホルモンがなくなるため小さくなります。
しかし感染を起こしていたりすると去勢のみで治療することは難しく、また抗生剤も届きにくい臓器なため
死亡率が極めて高くなります。

前立腺の病気は他にも数種類ありますが、どれも外科的な治療は非常に高度な技術や経験を必要とし、
また内科治療はほとんど功を奏しません。

このような前立腺の病気を防ぐためにも、交配する予定がない子には早めの去勢をしてあげて下さい。