HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

ブルドッグの消化器科

ブルドッグは、他の犬種に比べて空気を多量に飲み込やすく
腸内環境が特別な状況にさらされている子が多くいます。
さらに体温が上がりやすいので、体温を下げるために水を飲む量が多くなります。
その為、下痢や吐き気の問題も単純な対症療法だと再発を繰り返し、徐々に進行していくものがあります。


◆当院での対応
当院では食事のアドバイス、内視鏡検査、高精度な機器を用いた超音波検査、
内視鏡検査、ブルドッグに合ったレントゲンを使い
なお難しい消化器疾患に対してアプローチしています。


◆ご予約をお願いします
来院の際には、使用されているフードの種類・メーカー、新鮮な便など
初診時にお持ちいただきたいものがあるため
ご来院前に、一度確認のお電話を頂くようお願いしております。