HOME >  短頭種  > ボストンテリア

ボストンテリア

  • ボストンテリアについて



    ボストンテリアは、ブルドッグなどに比べるとシワは少なく、ツヤのある被毛と細い脚を持っています。

    この犬種で多い病気は膝蓋骨脱臼です。
    短頭種には腰を振って歩く子が多く、その場合通常の手術では治らない可能性もあります。

流涙症 ~目の下がいつも涙で濡れていませんか?~

目の下が常に濡れていることはありませんか?
本来、目の表面を保護するための涙の循環が上手くいかず、目からこぼれ落ちてしまうために
目の下の部分が常に湿った状態になるので毛が変色してしまったり、
感染を起こして皮膚病を引き起こしてしまっている子もいます。
目の下の毛の色が変色するので、涙やけなどと言われることもあります。
ボストンテリアでは、痒みに対して過敏に反応する子がいるので
この問題から、目の下の皮膚炎がおこり顔を掻くことによって痒みが顔全体に広がってしまっている子もいます。


原因について
食事が関係しているなど、様々な説がありますが、恐らくあまり関係していません。

①マイボーム腺機能異常に続発するもの
マイボーム腺とは、目の表面を保護するための涙がこぼれ落ちないように
表面を覆う膜となる様々な成分を分泌する機能を持っている器官です。
このマイボーム腺に異常があると、涙が目の表面に留まることができずに
常に目の下に流れ落ちることになります。

②鼻涙管の閉塞

鼻涙管とは、目と鼻をつないでいる管のことです。
私たち人間も泣いた時は涙と一緒に鼻水が出ますよね?
それは、この鼻涙管があるためです。
この鼻涙管が何らかの原因で詰まってしまっていると
目の下が常に涙でぬれてしまう原因の一つになります。
鼻涙管の閉塞は、生まれつき涙点の閉塞がある先天的なものと
最初は正常に働いていたのに、何らかしらの原因で起きてしまった後天的なものがあります。
ボストンテリアは、顔の構造として鼻涙管の閉塞が起きやすいことが解っています。

③涙が貯留するスペースが少ない(目の周りの皮膚の突っ張りが強い)
これは目の周りの皮膚(まぶた)が原因で、涙が目に留まっていられない状況を作ってしまっている子もいます。


治療について
当院では、この「流涙症」といわれる問題について積極的に取り組んでおります。
ボストンテリアの顔の皮膚病、涙やけ、流涙症でお困りの際は、ご相談ください。