HOME >  短頭種  > ボストンテリア

ボストンテリア

  • ボストンテリアについて



    ボストンテリアは、ブルドッグなどに比べるとシワは少なく、ツヤのある被毛と細い脚を持っています。

    この犬種で多い病気は膝蓋骨脱臼です。
    短頭種には腰を振って歩く子が多く、その場合通常の手術では治らない可能性もあります。

帝王切開

ボストンテリアは、ブルドッグ同様に骨格の問題から、
自然分娩では難産になってしまう可能性が極めて高いため計画的に帝王切開を行うことが多いです。

もともとの短頭種としての麻酔リスクや
お腹の中の子犬の数や状態で総合的な麻酔のリスクが変わるので注意が必要です。