HOME >  短頭種  > ボストンテリア

ボストンテリア

  • ボストンテリアについて



    ボストンテリアは、ブルドッグなどに比べるとシワは少なく、ツヤのある被毛と細い脚を持っています。

    この犬種で多い病気は膝蓋骨脱臼です。
    短頭種には腰を振って歩く子が多く、その場合通常の手術では治らない可能性もあります。

ボストンテリアの歯科

ボストンテリアなどの短頭種は、顎の骨の面積が小さいため
歯はまっすぐには並べずに、臼歯は捻転します。
そのため臼歯の間隔が狭く、そこに食べかすがつまってしまったり
また、皮膚病も発生しやすい為、被毛が歯の間につまってしまうことにより
初期の軽度の歯肉炎から、重度の歯周病にまで発展することが多いです。

状況によっては早期に選択的な抜歯をすることによって
重要な歯を残していくことができます。
一般的なイメージからすると健康な歯を抜くということに対しては
違和感を覚えられるかも知れませんが、短頭種はどうしても歯と歯の間隔が狭いため
このような処置を行うほうが、より長く快適な生活を送れるケースも多いです。