HOME >  短頭種  > シー・ズー

シー・ズー

  • シー・ズーについて



    シー・ズーの起源は、諸説ありますが中国の宮殿やチベットの寺院で大切に育てられていたといわれています。
    チベットや中国の乾燥した地域で改良されたシーズーにとって
    日本の梅雨は湿度が高く、皮膚病になりやすく、耳の問題も抱えてしまう子が多いです。

    頭部は低い鼻と丸い目、丸い頭が特徴ですが、その顔のつくりから目のトラブルも多く見ます。
    涙ヤケやトラブルを起こしている眼の周りの毛・マツゲに対して間違った処置をしてしまうと悪化するケースもあります。

軟口蓋の過長

鼻の短い犬は、鼻の長い犬と比べて、鼻と口を分けている「軟口蓋」と呼ばれている部分が
気管の入り口にひっついてしまいやすく、うまく空気が肺に入りにくくなってしまいます。

この問題は年齢を重ねるにつれて悪化してしまいます。早期に手術をする必要があります。