HOME >  短頭種  > シー・ズー

シー・ズー

  • シー・ズーについて



    シー・ズーの起源は、諸説ありますが中国の宮殿やチベットの寺院で大切に育てられていたといわれています。
    チベットや中国の乾燥した地域で改良されたシーズーにとって
    日本の梅雨は湿度が高く、皮膚病になりやすく、耳の問題も抱えてしまう子が多いです。

    頭部は低い鼻と丸い目、丸い頭が特徴ですが、その顔のつくりから目のトラブルも多く見ます。
    涙ヤケやトラブルを起こしている眼の周りの毛・マツゲに対して間違った処置をしてしまうと悪化するケースもあります。

未避妊の子に起こる子宮の問題 ~子宮蓄膿症~

未避妊の中~高齢の女の子に起こる子宮の病気として、子宮蓄膿症という病気があります。
一般的に発情後数ヶ月で発症し、症状があらわれたときには
ある程度病気が進行した状態であることが多いです。


原因
原因ははっきりしていませんが、子宮に細菌が感染し膿が溜まることにより起こります。
避妊手術をしていない女の子がかかる病気で、中~高齢で発情後2~3か月で発症することが多いです。


症状

・発情後、時間がたっているのに陰部が腫れている。
・陰部から膿状のものがでている。
・元気・食欲がない。
・お腹が膨れてきた。
・お水を飲む量が増え、おしっこの量が増えた。
・熱がある。
・吐く、または吐き気があり気持ち悪そう。


診断
血液検査、レントゲン検査、超音波検査を組み合わせて診断します。


治療
基本的には、外科手術により子宮と卵巣を摘出します。
全身状態が悪い場合は、点滴や抗生剤で治療した後、外科手術を行う場合もあります。
内科的治療法もありますが、再発が多く状態によっては危険なため外科治療をおすすめします。