HOME >  短頭種  > パグ

パグ

  • パグについて

    パグは、他の短頭種と比べても特に眼球の露出部分が大きいため、
    その構造的な問題から眼のトラブルを引き起こす子が多くいます。
    そのため、単にそれを外科的な治療で形成しようとするのではなく、
    まずは自宅でも出来るような方法を飼い主さんにご説明させて頂いております。

    また呼吸器の問題を抱えている子も多く麻酔のリスクが高い犬種とも言われていますが、
    当院ではパグの麻酔症例も数多くこなしており、パグの麻酔時に起きうる問題を想定し、対応できるようにしています。

    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

日帰り手術について

日帰り手術が可能なものは、手術当日にご家族のところへお返しできるようにしております。
当院では手術後、麻酔からの覚醒も早く、日帰りで行えるものが大半を占めます。
わんちゃんにとって、入院はストレスになりますので、可能な限り手術は日帰りで行っております。

日帰り手術のメリット
・いつも接しているご家族の傍にいられる事、慣れた自宅にいられることで
 わんちゃんは安心でき、しっかりと休む事ができます。ちょっとした変化にも気づいて頂けます。

・「当日に帰って大丈夫なの?」とご質問を受けますが
 手術の内容やわんちゃんの性格によっては、逆に日帰りで返した方が予後がいいです。
 
・臆病、緊張しやすい、シャイな性格のわんちゃんでは、特に安心です。
 ほとんどのわんちゃんは、病院では緊張してしまいます。
 自宅の方が安心して、ゆっくり休めるのです。

手術後のアフターケア
・帰宅後、何か気になることがあれば当院獣医師と連絡が取れますのでご安心ください。
手術当日は獣医師が病院の電話を携帯しておりますので、退院時にお伝えした番号へおかけください。

・万が一、当院獣医師と連絡がとれなかった場合も、提携している夜間救急病院が対応してくれるよう備えております。