HOME >  短頭種  > フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

  • フレンチブルドッグについて


    フレンチブルドッグは短頭種の中でも人気犬種で、来院数も多いため様々な疾患に対応できるようにしています。
    フレンチブルドッグの皮膚の病気の特徴としては、若い年齢から皮膚にトラブルが出てしまう子で特に重症化しやすいケースがみられます。
    これには、おそらくフレンチブルドッグの性格が関係しているのだと思います。早期に適切な診断をして治してあげることが大切です。

    また、呼吸器の問題を抱えている子も多く、麻酔のリスクの高い品種とも言われていますが、当院ではフレンチブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしています。全身麻酔をかける症例も多くこなしています。
    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

足の間の赤み・痒みについて

当院は、皮膚科に力を入れて診療を行っております。
皮膚にトラブルを抱えているフレンチブルドッグの中でも、
指の間の赤み・痒みの症状を出す子は多くいます。

フレンチブルドッグで皮膚のトラブルを抱えている子には
指の間に赤みが出て、痒みが強くなり、暇な時間が出来ると舐めて
更に赤みが増すような、悪いサイクルに入る事が多くあります。

これは、飼い主さんが指の間を綺麗にしようと拭きすぎてしまい
問題が悪化しているケースもあります。

なぜ、赤み・痒みが出るのか、早期に発見し対処していきましょう。


足の間の赤み・痒みの理由は、わんちゃんそれぞれ異なります。

考えられる主な理由・・・・・
◆ 散歩後の洗浄の頻度が多い・少ない
◆ 体重が不適切
◆ 洗浄薬の種類
◆ 保湿剤の使用の有無
◆ 精神的な問題の関与
◆ 腫瘍の可能性
◆ 爪のトラブルの関与
◆ アトピーの関与
◆ 寄生虫の関与
◆ 足裏のバリカンによる副作用   など

場合によっては、様々な原因が組み合わさって複雑化していることもあります。
そのため、これらの問題を考慮した治療を行い、治療による効果をみて
治療にバリエーションを加えて、その子に合った治療方法を提示していきます。