HOME >  短頭種  > フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

  • フレンチブルドッグについて


    フレンチブルドッグは短頭種の中でも人気犬種で、来院数も多いため様々な疾患に対応できるようにしています。
    フレンチブルドッグの皮膚の病気の特徴としては、若い年齢から皮膚にトラブルが出てしまう子で特に重症化しやすいケースがみられます。
    これには、おそらくフレンチブルドッグの性格が関係しているのだと思います。早期に適切な診断をして治してあげることが大切です。

    また、呼吸器の問題を抱えている子も多く、麻酔のリスクの高い品種とも言われていますが、当院ではフレンチブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしています。全身麻酔をかける症例も多くこなしています。
    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

ジアルジア症

ジアルジアとは人やわんちゃん・猫ちゃんに寄生する、とても小さな寄生虫のひとつです。
子犬や子猫など、若齢の子に比較的多く見られます。


主な症状
多くの場合は症状がみられませんが、慢性的な下痢、軟便がみられる場合があります。
下痢が続くと、栄養が吸収できなくなってしまう為に栄養不良になってしまいます。
典型的ではありませんが、嘔吐、食欲不振がみられることもあります。
ジアルジアは体内で成長する時に、腸管の上皮を脱落する形態をとります。
そのため栄養を吸収するための機構がなくなり、腸自体も弱ってしまいます。
腸は免疫も司っているので、免疫力も落ちてしまいます。


原因
ジアルジアの感染は、ジアルジアのシスト(外からの影響に強い卵状のジアルジア)を
口にすることでおこります。
ジアルジアに感染しているけれど症状の出ていない子のうんちや、汚染された土や水を
口にすることで感染してしまいます。
そのため、わんちゃんや猫ちゃんが集団で飼育されているような環境でおこることが多い病気です。


治療
ジアルジアの治療は駆虫薬によって行います。
再感染を防ぐために、飼育環境(ケージの中やトイレなど)を消毒することも重要です。
多頭飼育されている場合は、飼われているわんちゃん・猫ちゃん全ての子に対してお薬の投与が必要になります。
症状が出ていない子もジアルジアに感染している可能性があるのです。

ジアルジアに感染している子の場合
芽胞菌やキャンピロバクターなど他の細菌に感染している子も多くみられます。
腸自体の免疫力が落ちていて感染が起きやすくなっている場合は、根本となる病気を治してあげないと
ジアルジアや他の病気が良くならない場合があります。
お腹の問題は成長や免疫など全身にかかわってくる病気でもあります。
しっかりと治療してあげましょう。

ジアルジアは人やほとんどの動物に感染します。
感染しているわんちゃん・猫ちゃんがいる場合、さわった後はちゃんと手洗いをしましょう。