HOME >  短頭種  > フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

  • フレンチブルドッグについて


    フレンチブルドッグは短頭種の中でも人気犬種で、来院数も多いため様々な疾患に対応できるようにしています。
    フレンチブルドッグの皮膚の病気の特徴としては、若い年齢から皮膚にトラブルが出てしまう子で特に重症化しやすいケースがみられます。
    これには、おそらくフレンチブルドッグの性格が関係しているのだと思います。早期に適切な診断をして治してあげることが大切です。

    また、呼吸器の問題を抱えている子も多く、麻酔のリスクの高い品種とも言われていますが、当院ではフレンチブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしています。全身麻酔をかける症例も多くこなしています。
    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

歯の数がたりない・左右で数が合わない

乳歯から永久歯への生えかわりの時に、永久歯がちゃんと生えてこず
歯肉やあごの骨の中に埋まったままになった状態になっていることがたまにあります。
この埋まっている歯を「埋伏歯」といいます。
生まれつき永久歯がない「欠歯」ということもあります。
永久歯が「あるのか」「ないのか」は歯科用のレントゲンでしっかりと確認する必要があります。




永久歯が埋まっている「埋伏歯」は、骨を溶かす病気を起こす可能性があります。
埋伏歯を包むように袋が出来て、あごの骨を溶かしていくのです。
これを「歯原性嚢胞」といいます。病気か進行し、骨が大きくとけると骨折の危険性が高まります。




通常、この「歯原性嚢胞」はあごの骨を溶かしながら外に腫れて行くのですが
フレンチブルドッグの場合、外へは膨れていかず、あごの骨の内側へ進んでいきます。
そのため、気付くのが遅くなってしまう事があるのです。

未然に防ぐためにも、1歳になっても「歯の数が少ない」「右側と左側で数が合わない」
などのことがありましたら、歯科用のレントゲンで確認することをお勧めします。



症例紹介
埋伏歯だったパグちゃん 男の子 3歳
去勢手術+スケーリングで来院されました




埋伏歯か欠歯かを確認するため、歯科用のレントゲンで第一前臼歯の存在を確認しました。




このパグちゃんの場合、年齢が3歳を超えていること、埋伏歯が原因の病気が見られないことから、定期的な検診による経過観察としました。