HOME >  短頭種  > フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

  • フレンチブルドッグについて


    フレンチブルドッグは短頭種の中でも人気犬種で、来院数も多いため様々な疾患に対応できるようにしています。
    フレンチブルドッグの皮膚の病気の特徴としては、若い年齢から皮膚にトラブルが出てしまう子で特に重症化しやすいケースがみられます。
    これには、おそらくフレンチブルドッグの性格が関係しているのだと思います。早期に適切な診断をして治してあげることが大切です。

    また、呼吸器の問題を抱えている子も多く、麻酔のリスクの高い品種とも言われていますが、当院ではフレンチブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしています。全身麻酔をかける症例も多くこなしています。
    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

フレンチブルドッグの鼠径(ソケイ)ヘルニア

フレンチブルドッグの鼠径部(ソケイブ)は、薄い筋肉が何層にも重なりその隙間に血管や神経が通っています。
もともとこの部分は、薄い筋肉によって構成されており、腹腔の臓器や脂肪を支える役割を果たしています。

フレンチブルドッグの多くは呼吸器に問題を抱えており、呼吸器に問題を抱えたフレンチブルドッグの場合は
鼠径ヘルニアの手術を行っても、何度も再発を繰り返すということが起きてしまいます。
フレンチブルドッグのヘルニアの治療に関しては、必ず呼吸器の問題を治してから対応するようにしましょう。
また出ているのが脂肪だけなら大事には至らないのですが、そのまま放置していると
臓器(膀胱、腸など)が出てきてしまい命にかかわる事にもなりかねないので早めの処置をお勧めします。