HOME >  短頭種  > フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

  • フレンチブルドッグについて


    フレンチブルドッグは短頭種の中でも人気犬種で、来院数も多いため様々な疾患に対応できるようにしています。
    フレンチブルドッグの皮膚の病気の特徴としては、若い年齢から皮膚にトラブルが出てしまう子で特に重症化しやすいケースがみられます。
    これには、おそらくフレンチブルドッグの性格が関係しているのだと思います。早期に適切な診断をして治してあげることが大切です。

    また、呼吸器の問題を抱えている子も多く、麻酔のリスクの高い品種とも言われていますが、当院ではフレンチブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしています。全身麻酔をかける症例も多くこなしています。
    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

フレンチブルドッグの避妊・去勢手術について

当院では、フレンチブルドッグの避妊・去勢手術を積極的に受け入れており、症例も多くあります。
基本的には、朝お預かりして、夕方お返しの日帰り手術です。

‐特徴‐
当院では、短頭種の麻酔の際に起きやすい問題を考慮して以下のことを行っています。
◆ 手術前の検査
◆ 麻酔薬の選択
◆ 手術中の管理
◆ 手術後の管理


◆ 手術前の検査
当院では、通常のレントゲンでは映りにくい短頭種の骨格・気管の太さなども
デジタルX線画像診断CRシステムを使うことにより、手術前にしっかりと確認して気管チューブを選び手術に臨みます。


◆ 麻酔薬の選択
当院では、覚醒の早い麻酔薬を選択しています。


◆ 手術中の管理
手術中もスタッフがしっかりとモニタリングを行います。
処置では、血管シーリングの機器を併用することにより、お腹の中に残す糸を極力減らします。


◆ 手術後の管理
短頭種に精通したスタッフが覚醒までをサポートします。
退院後の注意点は、お返しの時にお話ししています。

その子の状態によっては、軟口蓋切除・鼻腔狭窄に対する処置も同時に行えます。