HOME >  短頭種  > フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

  • フレンチブルドッグについて


    フレンチブルドッグは短頭種の中でも人気犬種で、来院数も多いため様々な疾患に対応できるようにしています。
    フレンチブルドッグの皮膚の病気の特徴としては、若い年齢から皮膚にトラブルが出てしまう子で特に重症化しやすいケースがみられます。
    これには、おそらくフレンチブルドッグの性格が関係しているのだと思います。早期に適切な診断をして治してあげることが大切です。

    また、呼吸器の問題を抱えている子も多く、麻酔のリスクの高い品種とも言われていますが、当院ではフレンチブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしています。全身麻酔をかける症例も多くこなしています。
    お困りの際は、どうぞご相談下さい。

フレンチブルドッグの仔犬の食事の与え方

仔犬の食事の必要量は、その子によって違います。
理由は、その子の骨格・体型を維持、成長していくにあたり必要とされるエネルギー量の違いや、
運動によるエネルギー消費量の違いなど、様々な要素が複雑に絡み合って決まっていくためです。
太っているように見えても、血液検査の結果では栄養不良の事が多いのです。

理想の食事の量
1日の食餌量が適切かどうかに関しては、便の硬さで判断します。
便は、体が必要としている食事量より少ない場合は固くなり、多すぎると柔らかくなります。
ソフトクリームくらいの固さが丁度よいです。
仔犬の時は、成犬よりも食事の量が便の状態に反映され易く、判断の目安としてはうってつけです。
フレンチブルドッグの仔犬で軟便の子は
腸内細菌のトラブルが原因で起きている可能性もありますので、病院で便検査(細菌検査)を受けていただき
腸の問題が無い状態を確認してから、正しい判断をしていくことがポイントです。

食事回数の決め方
仔犬の時期は胃も小さく、必要としているエネルギー量も多いため
1回の食事量は少なく、回数を多くすることが基本です。
生後半年未満の子は、1日6回が食事回数の基本です。なるべく回数をわけてあげて下さい。

食事回数を減らすタイミングですが、仔犬が成長して栄養が足りていると自分で食べなくなってきます。
その時に1日の食事回数を減らしていきましょう。

以下に、昼間外出される方での食事時間のタイミングを記します。