HOME >   > 犬の病気

犬の病気

症例紹介② おもちゃの誤食

症例紹介
フレンチブルドック 2歳 女の子(避妊手術済み)



症状・治療歴
2×4㎝ほどのぬいぐるみを飲み込んでしまったとのことでご来院されました。
近くの病院にて催吐処置を行いましたが、フードしか出なかったため
当院にて内視鏡を行いました。


治療
内視鏡で摘出しました。
ぬいぐるみは胃の大弯部にあり、異物鉗子で挟んで除去しました。
異物フレンチブル1



      異物フレンチブル2





今回はぬいぐるみを飲み込んだことに気づき、早めの対応が行えましたが、
気づかなかった場合、時間がたってしまった場合は、胃から腸に流れて詰まってしまったり、
ひどいときには腸に詰まってしまい、おなかを開かなくてはならないこともあります。
もし、異物を食べてしまった可能性がある場合は、早めに受診しましょう。

当院では特に、下記の科目に力をいれて診療をしております。