HOME >   > 歯の病気

歯の病気

  • 歯の病気について

    わんちゃんのお口の中のトラブルで飼い主さんが気付かれやすいのは口臭です。
    口臭が起こる原因としては、歯周病、歯肉炎などがあります。
    他にも症状として、よだれがたくさん出る、歯の色・形がおかしい、など、様々なものがあります。
    お口の中のトラブルは、皮膚病や他の体全体の病気にかかわってきます。
    早めに見つけて早めの処置をしていくことが重要です。

    ‐初めての方へ‐
    お口のトラブルに対しては、なるべくお見積りを作成させていただいていますので
    食事を8時間・お水を1時間抜いた状態でご来院ください。
    お電話での歯科の見積もりは出来かねますので、申し訳ございませんが一度ご来院ください。
    当日の処置をご希望の方は、ご予約を頂いて午前中にご来院ください。

自宅での歯科検診

3歳以上のワンちゃんのほとんどが歯周病に罹っているといわれています。
ご自宅でも一度、わんちゃんの口の中を確認してみましょう。

- チェック項目 -
◆ 歯石は付着していませんか?
◆ 歯肉炎は起きていませんか?
◆ 歯は正常に生えていますか?


歯科検診1
◆ 歯石は付着していませんか?
上は、歯石の付着がみられたマルチーズの写真です。
歯石の付着は、歯周病の原因となります。右は、歯石除去直後の写真です。



歯科検診2
◆ 歯肉炎は起きていませんか?
写真・上の子はダックスフント、重度に歯肉炎を起こしています。右は、処置直後の写真です。




◆ 歯は正常に生えていますか?
わんちゃんの中には、乳歯が抜けないで残ってしまっている(乳歯遺残)や
歯が生まれつき足りない(欠歯)や、歯が歯肉に埋まってしまっている(埋没歯)を持つ子がいます。
乳歯遺残は、不正咬合を起こしたり、歯石が付き易くなり永久歯にまで影響を及ぼします。
また、埋没歯は腫瘍化してしまうことがあるので抜歯が必要です。
歯科検診3
足りない歯がないか、過剰歯はないか
歯の数を数えてみましょう

左右別けて数えます。
上の歯
切歯・・・・・3本
犬歯・・・・・1本
前臼歯・・・・4本
後臼歯・・・・2本

下の歯
切歯・・・・・3本
犬歯・・・・・1本
前臼歯・・・・4本
後臼歯・・・・3本