HOME >   > 歯の病気

歯の病気

  • 歯の病気について

    わんちゃんのお口の中のトラブルで飼い主さんが気付かれやすいのは口臭です。
    口臭が起こる原因としては、歯周病、歯肉炎などがあります。
    他にも症状として、よだれがたくさん出る、歯の色・形がおかしい、など、様々なものがあります。
    お口の中のトラブルは、皮膚病や他の体全体の病気にかかわってきます。
    早めに見つけて早めの処置をしていくことが重要です。

    ‐初めての方へ‐
    お口のトラブルに対しては、なるべくお見積りを作成させていただいていますので
    食事を8時間・お水を1時間抜いた状態でご来院ください。
    お電話での歯科の見積もりは出来かねますので、申し訳ございませんが一度ご来院ください。
    当日の処置をご希望の方は、ご予約を頂いて午前中にご来院ください。

歯科処置にかかる時間

わんちゃんの歯は人間よりも本数が多く、全部で42本あります。

人間が歯の治療を行う際は、
何度も回数を分けて(=歯医者さんへ通って)行うケースが多いと思います。
それは、1本の歯の処置でもすごく時間がかかることが多いからです。
動物の歯も同じで、傷んだ歯をある程度問題なく機能させるためには
時間がかかってしまいます。

飼い主さんの中には「歯石除去だけだから…」と
簡単にお考えの方も多いかもしれませんが、
単なる歯石除去だけで終わるケースは、実は全体の1割もないのです。

動物は、人間が何度か歯医者さんへ通って行う分の処置を
全身麻酔をかけてまとめて行うのでどうしても時間がかかってしまいます。
(平均的に、避妊手術の3倍以上の時間がかかる処置が多くあります!)
そのため、手術前の検査も、個体の状態や年齢などを考慮し、
より詳しく行う必要があると思います。