HOME >   > 歯の病気

歯の病気

  • 歯の病気について

    わんちゃんのお口の中のトラブルで飼い主さんが気付かれやすいのは口臭です。
    口臭が起こる原因としては、歯周病、歯肉炎などがあります。
    他にも症状として、よだれがたくさん出る、歯の色・形がおかしい、など、様々なものがあります。
    お口の中のトラブルは、皮膚病や他の体全体の病気にかかわってきます。
    早めに見つけて早めの処置をしていくことが重要です。

    ‐初めての方へ‐
    お口のトラブルに対しては、なるべくお見積りを作成させていただいていますので
    食事を8時間・お水を1時間抜いた状態でご来院ください。
    お電話での歯科の見積もりは出来かねますので、申し訳ございませんが一度ご来院ください。
    当日の処置をご希望の方は、ご予約を頂いて午前中にご来院ください。

選択的抜歯

選択的抜歯1
歯をよく見て下さい。
一個一個で大きさ・形も違い、口の中での役割も違います。
そのため、生活をする上で重要な歯もあれば
極端な話、ついているだけの歯もあります。

そんな二つの歯が口の中では隣り合っているのです。


選択的抜歯2
そしてついているだけの歯が悪くなった場合
ある程度の時間・条件が重なると必ず隣にある重要な歯まで
問題が出てきます。


◆ 症例1
選択的抜歯3
下顎の第2後臼歯に多量の歯石が付着したことで歯周病が重度に進行し、
その影響を隣の第1後臼歯が受けていることを示しているレントゲンです。

◆ 症例2
選択的抜歯4
小型犬は、下顎の第3切歯と犬歯の間が狭い事が多いため、この部分の歯を支えている骨の量が少なく
さらに口の細菌から歯を支えている骨をを守っている歯肉も
必然的に少なくなる事により問題が起きやすいのです。


これら問題に対応するためには状況によって
選択的抜歯を行うべきです。