HOME >  病院案内  > 院内設備

院内設備

当院で使用している機器のご紹介です。

院内設備

  • 入院室1
    防音の壁に囲まれた入院室です。
    待合室にわんちゃんがいる時は、
    外来のねこちゃんをこの静かな
    入院室でお預かりする事も出来ます。

  • 入院室2
    手術後や頻繁な観察が必要となる動物が入る、外の入院室です。

  • スリットランプ
    前眼部診断に使用します。モニターにつなげて一緒にご覧いただく事も出来ます。

  • TonoVet眼圧計
    緑内障やブドウ膜炎などの病気の診断に利用します。短頭種を検査する際、非常に使いやすいので使用しています。

  • 動物用トノペン眼圧計
    緑内障やブドウ膜炎などの病気の診断に利用します。猫ちゃんに使用しています。

  • 心電図モニター1
    手術中のわんちゃん、ねこちゃんの状態を見守るモニターです。心電図・呼吸数・体温・血圧・心拍数・Spo2・ETco2を同時にみることが出来ます。

  • 心電図モニター2
    手術中のわんちゃん、ねこちゃんの状態を見守るモニターです。心電図・呼吸数・体温・血圧・心拍数・Spo2・ETco2に加え、麻酔濃度もみることが出来ます。また、血圧が正確に測れているかどうかグラフで確認しながらモニターできます。

  • 超音波
    当院では様々な種類のプローブを用意して、大型犬、中型犬、小型犬、猫の心臓や腹部のあらゆる臓器を適切に診断できるように対応しております。

  • 電機睫毛分解器
    異所性睫毛の処置に使用する機械です。

  • Gaymar T/Pump
    循環型温水保温システムです。歯科処置などの比較的麻酔時間が長くなるような手術や低体温になっている状態の動物を効率よく保温する際に使用します。

  • 半導体レーザー
    動物の負担が少ない治療を行えます。疼痛緩和・止血切開・イボの蒸散・歯周病治療・緑内障治療・逆さマツゲの処置など様々な分野で活躍します。内視鏡下での細かな処置も可能です。

  • ネブライザー
    若齢の犬や短頭種は、呼吸器疾患に罹りやすく飲み薬の効果が出にくい場合、この機械で薬剤を気化させ吸わせます。右の小さな機械は、携帯用です。
    通院が難しい飼い主様に貸し出せるよう、機械も多数ご用意しております。