HOME >  病院案内  > 院内設備

院内設備

当院で使用している機器のご紹介です。

院内設備

  • 動物用超音波手術器 SONO CURE
    動物専用の超音波手術器です。椎間板ヘルニア・耳の外科・腫瘍などの手術で使用します。血管や神経を傷つけずに手術することができます。

  • KARL STORZ 膀胱鏡
    膀胱を切開せず内部から観察できます。尿道の太さによっては、膀胱内の結石を取り除くことができ、膀胱内のポリープや腫瘍に対して検査・処置が行えます。

  • KARL STORZ 拡大鏡
    手術部位を拡大してモニターに映します。甲状腺摘出手術などの細かい処置の際活躍します。(写真右は猫の甲状腺摘出時の物)また、当院では眼周辺の手術も多いためこの機械をよく使用します。(左写真モニターに写っているものは、猫の目です)

  • KARL STORZ 内視鏡
    食道・胃・小腸・大腸を中から観察できます。観察をしながら、小さな鉗子を使い組織を採取できるので、消化管疾患の診断が行えます。ボールやおもちゃを間違えて食べてしまった子では、異物の状況を確認できます。場合により内視鏡で摘出できるので、動物の負担は少なく済みます。

  • OLYMPUS 動物用内視鏡システム
    高性能、コンパクトな動物用内視鏡です。スコープの径が細いので、猫ちゃんの腸も検査することが出来ます。

  • KARL STORZ 24型 HD Full モニター
    迅速なレスポンス、高解像度モニターです。
    内視鏡・耳鏡・膀胱鏡・拡大鏡の映像をこのモニターで映し出します。

  • インバータ・ヘマトクリット遠心機
    血液などの検体を分離する機械です。

  • DRI-CHEM7000V
    血液生化学検査の機械です。口を利かない動物で起きている問題をいち早く理解する為と、再現性が高いことを理由に、一般的な生化学検査は院内で行っています。
    5検体を同時にセット可能なので、スムーズな検査が行えています。

  • IDEXX プロサイトDx™ 自動血球計算装置
    白血球5分類、網赤血球を含む赤血球分析、血小板分析を行えます。

  • IDEXX カタリストDx™ 血液化学検査器
    口を利かない動物で起きている問題をいち早く理解する為と、再現性が高いことを理由に、一般的な生化学検査は院内で行っています。症例により、生化学検査の機械を使い分けさせて頂いております。

  • アークレイ 臨床化学自動分析装置
    血液生化学検査の機械です。口を利かない動物で起きている問題をいち早く理解する為と、再現性が高いことを理由に、一般的な生化学検査は院内で行っています。

  • アークレイ 電極式電解質測定装置
    血液検査の機械です。電解質を測ることが出来ます。