HOME >   > 腎不全(慢性腎臓病)

腎不全(慢性腎臓病)



  • 猫ちゃんの多くは高齢になってくると腎臓が悪くなってきます。
    腎臓の機能が低下してくると、腎臓の働きを維持するために身体が様々な反応をしますが、
    結果として腎臓に余計な負担を強いることとなり、腎臓が早くダメになってしまい最終的に腎不全に至ります。

    完全に慢性腎臓病の進行を抑えることは難しいですが、
    早い段階から腎臓にかかる負担を押さえてあげることで腎不全に至るまでの時間を延ばすことができます。

猫ちゃんに大切な血圧測定


猫の血圧測定

高齢期(主に7歳以上)に入ってくると、腎不全や心筋症の悪化(産まれた時から素因があり、年齢とともに徐々に悪化)、
甲状腺機能亢進症などの病気が単独または併発しやすく、高血圧の状態になっていきます。
高血圧の状態を治療しないでいると、他の病気をしっかり治療しても
猫ちゃんの状態はあまり良くなりません。

また病院では猫ちゃんが緊張してしまう為、
正常な血圧の猫ちゃんでも高血圧として診断されてしまうケースもよくあります。

その為、正確な血圧を把握するためには、
「数回に渡る血圧測定」や「自宅での血圧測定」を行う必要があります。
当院ではご自宅でも血圧が測定できるよう猫ちゃん専用の血圧計をご用意しております。