HOME >   > 甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症



  • 高齢の猫ちゃんに多いホルモンの病気に甲状腺機能亢進症があります。
    甲状腺は喉のところにあるホルモンの分泌腺で
    甲状腺ホルモンは全身の代謝を活性化させるとても大切なホルモンです。

    甲状腺機能亢進症は様々な原因により甲状腺の働きの抑制が効かなくなり、
    甲状腺ホルモンが異常に多く分泌されて身体の様々な臓器に負担をかけることになります。

猫ちゃんに大切な血圧測定


猫の血圧測定

高齢期(主に7歳以上)に入ってくると、腎不全や心筋症の悪化(産まれた時から素因があり、年齢とともに徐々に悪化)、
甲状腺機能亢進症などの病気が単独または併発しやすく、高血圧の状態になっていきます。
高血圧の状態を治療しないでいると、他の病気をしっかり治療しても
猫ちゃんの状態はあまり良くなりません。

また病院では猫ちゃんが緊張してしまう為、
正常な血圧の猫ちゃんでも高血圧として診断されてしまうケースもよくあります。

その為、正確な血圧を把握するためには、
「数回に渡る血圧測定」や「自宅での血圧測定」を行う必要があります。
当院ではご自宅でも血圧が測定できるよう猫ちゃん専用の血圧計をご用意しております。