HOME >   > 猫の病気

猫の病気

猫の乳腺腫瘍

猫の乳腺腫瘍は猫に起きる腫瘍の中で、造血器、皮膚に続き、3番目によく見られる腫瘍で、
大部分が老齢の女の子に見られる病気です。しかし、男の子もなる可能性があります。

猫の乳腺腫瘍は85~93%が悪性で、早期に完全摘出してしまうことが寛解
(症状が一時的になくなったり軽くなったりした状態。このまま治る可能性も、場合によっては再発する可能性もあります)への道になります。


症状

胸から下腹部にかけてのおっぱいのどこかにしこりができ、おなかを撫でている時に気がつくことが殆どです。
初期ではそれ以外の症状があることはほとんどありません。

しかし、非常に大きくなったり、潰瘍化してぐじゅぐじゅになってしまうまで
気づかないことも少なくありません。

広範囲への転移がある場合は、肺や胸膜へ転移し、食欲不振、呼吸困難、咳などの
重篤な症状がみられることもあります。
また、乳腺腫瘍に見えて、違う腫瘍であったり、皮膚病のこともあります。




診断
確定診断は、腫瘍を摘出して病理検査を行うことでできます。
しかし、猫の乳腺腫瘍の場合、術部や腫瘍の部分が炎症を起こしてしまう「炎症性乳癌」が起こる可能性があります。
これは、処置前の診断が難しく、さらに、治療は難しいとも言われています。


予後
予後を決める主なものは、腫瘍の大きさ、リンパ節に浸潤しているか、組織的に悪性度が高いかどうか、です。
大きければ大きいほど、平均余命は短くなってしまいます。
また、潰瘍がある場合その時点でリンパ管への浸潤は80%以上、局所リンパ節への浸潤は75%あると報告されています。


治療
猫の乳癌は浸潤性(その場で広がっていく性質)が高く、
また、高確率でリンパ性に進行していくので、積極的な治療(早期の外科摘出)が最も有効になります。

手術は、片側もしくは両側の乳房を上から下まで全てとってしまう方法と、
腫瘍化した乳腺とそれに隣接する組織だけをとる方法があります。

術後の寛解期間の平均は半年程度といわれています。
化学療法いわゆる抗がん剤は、手術の補助として良いと考えられます。
しかし、抗がん剤の副作用として、食欲不振、嘔吐、脱毛が起こる可能性があります。

また、手術、化学療法以外の当院で行える緩和治療、補助療法として
最近では、光線温熱科学療法、丸山ワクチン、高濃度ビタミンC療法、がんワクチンなどがあります。



乳腺腫瘍は、早期発見、早期摘出してあげることが大事になります。
なるべく猫ちゃんのおなかをなでて、腫瘍が小さいうちに発見し、治療を行ってあげましょう。

当院では特に、下記の科目に力をいれて診療をしております。