HOME >   > 猫の病気

猫の病気

尿のトラブル ~特発性膀胱炎~

もし猫ちゃんが血尿や頻尿、排尿困難、排尿時に痛がる、トイレ以外の場所で排泄をしてしまう
といった行動が見られたら、膀胱炎などの下部尿路疾患の可能性があります。

猫ちゃんの下部尿路疾患には様々な原因がありますが、
6割近くは特発性膀胱炎という原因不明のもので尿路閉塞が起きなければ通常1週間ほどで治癒します。
特に10歳未満の猫ちゃんでこの特発性膀胱炎が多く、逆に10歳以上の猫ちゃんではあまり見られません。


◆原因
原因不明なので特発性と呼ばれていますが、
ウイルスや細菌といった病原微生物、尿路における上皮の状態の変化、
自己免疫性疾患、肥満細胞浸潤、神経が原因で起こる炎症、ストレスの関与が考えられています。

6割近くが特発性膀胱炎だとわかっていても、直接的に特発性だと診断できる検査がないので、
他に考えられる原因を除外した上での確定診断になります。
特発性膀胱炎以外の原因としては
尿石症、尿道栓子、膀胱や尿道などの構造の問題、行動の問題、腫瘍、尿路感染症などがあります。
場合によっては複数の原因が複雑に重なり合っていることも考えられます。

特発性膀胱炎は原因がわかっていないため完全に予防することは極めて困難であり、
原因の除去も難しいので再発を繰り返すことがあります。
通常は1週間ほどで治癒しますが尿路閉塞を起こした場合、命にかかわってきます。




◆おうちでのケア
特発性膀胱炎の原因のひとつとしてストレスが考えられています。
ストレスの少ない環境を整えてあげましょう。
具体的には猫ちゃんに合った砂を使った清潔なトイレを多く設置し、新鮮な水をいつでも飲めるようにして、
安心してくつろいだり爪を存分に研いだりできる場所を作ってあげます。
また、遊んであげたり撫でてあげたり猫ちゃんの性格に合わせて心を満たしてあげることが大切です。


◆特発性膀胱炎のポイント
・ 若い猫ちゃんの下部尿路疾患では原因不明の特発性膀胱炎が多いです。
原因不明なので予防が難しく再発を繰り返すことがあります。
・ 原因不明ですがストレスが原因の一つとして考えられています。
ストレスを減らしてあげましょう。当院ではストレス軽減療法も積極的に行っていますのでご相談ください。
・ 下部尿路疾患は尿路閉塞が起きると命にかかわります。
排尿の異常に気づきましたら早急に病院までご相談ください。

当院では特に、下記の科目に力をいれて診療をしております。