HOME >   > 猫の病気

猫の病気

猫の耳の炎症性ポリープ



炎症性ポリープは、猫の耳で認められる最も一般的な非腫瘍性の腫瘤ですが
中耳炎と外耳炎を引き起こす傾向があります。
発症に種差や性差、年齢差はないと考えられています。




炎症性ポリープ(別名:鼻咽頭ポリープ)は、耳管あるいは鼓室から発生しますが
猫では、ほとんどの場合中耳の粘膜から発生します。

ポリープの塊が腫大して鼓室腔に充満し、さらに成長していくと鼓膜破裂を引き起こします。
鼓膜が破れてしまうと、外耳道にいる細菌や酵母菌、耳ダニなどが
中耳の鼓室胞の上皮に侵入してしまい中耳炎になってしまいます。

鼓膜を破って外耳道にまで出てきたポリープは、急に大きくなり耳道を塞ぐほどになります。
ポリープが耳道を塞ぐと、その後ろで中耳炎による滲出物が中耳内に溜まってしまいます。


症状
主な症状としては、耳垂れが出る、頭を振る、頭が傾く、などがあります。

症状が激しい場合には、眼振(眼が左右もしくは上下にふらふらと動くこと)、
前庭症状(まっすぐ歩けない、上手く歩けないなどの症状)が出ることもあります。


原因
何故ポリープが育つのかは、全く分かっていません。ウイルスと細菌が関係しているとは考えられています。
感染やポリープが周囲の組織と擦れておこる外傷などによって、ポリープを覆う上皮が障害を受け
この過程が何度も繰り返され、その結果として塊がさらに大きくなっていくと考えられています。


検査
レントゲンやCT,MRIで鼓室胞内に内容物が溜まっているか確認する必要があります。

ポリープが出来ていた期間が長い場合や、何度も繰り返していた場合、
状況によっては、炎症が内耳まで波及していることがあります。これは、MRIの撮影をする事で明らかになります。


治療
ポリープの一般的な治療方法としては、全身麻酔下で耳の内視鏡でポリープを確認したのち、鉗子で摘出を行います。
一般にポリープは肉の茎が粘膜に付着しています。再発を防ぐには茎部を摘出することが基本になります。

腫瘤を摘出した後は、炎症を抑える点耳薬を使用していきますが、
耳ダニの寄生や細菌感染、酵母菌の感染などが見られる場合は、その原因に対する治療を行う必要があります。
ポリープの症例では、摘出後に再発する可能性があります。
そのため、経過をしっかりと観察していくことが重要となります。




症例
メインクーン 女の子 8歳

耳 内視鏡画像
ポリープが耳道内を占拠しています。          ポリープ摘出後

当院では特に、下記の科目に力をいれて診療をしております。