HOME >   > 猫の病気

猫の病気

猫の手術について

当院では、猫ちゃんの性格を把握し、より負担の少ない手術が行えるように努めています。

‐特徴‐
当院では、手術時のストレス軽減のために以下のことを行っています。
◆ 日帰り手術
◆ 鎮痛剤(手術後までの痛みのケア)
◆ エリザベスカラーを使用しない


◆ 日帰り手術
猫ちゃんは、特に環境の変化によるストレスを感じやすい動物です。
当院では、朝お預かりして当日退院の日帰り手術を行っています。


◆ 鎮痛剤
猫ちゃんは痛みに強く、あまり痛みを表現することはありませんが
痛みを感じる仕組みには色々あり、それぞれに対応する鎮痛剤を併用する
マルチモダール鎮痛を行っております。
手術前、手術中からしっかりと鎮痛剤を使用してあげることで
猫ちゃんの手術後の負担を軽減し、日帰りでの手術を可能にしています。


◆ 麻酔
手術前の検査結果や年齢などを考慮し、いつも同じプロトコールではなく
その子の状態に合わせた麻酔を計画し、実施しています。


◆ エリザベスカラーを使用しない
手術後、傷口を舐めないようにエリザベスカラーをつける事がありますが
猫ちゃんのなかにはエリザベスカラーをどうしても受け入れられない子もいます。
当院では、手術後エリザベスカラーを使用しない手術方法を行っています。

当院では特に、下記の科目に力をいれて診療をしております。