HOME >   > 口内炎・歯科

口内炎・歯科

  • 口内炎・歯科について



    猫ちゃんのお口の中のトラブルで起きやすいのは、口内炎です。
    また、猫ちゃん特有の、歯が溶けてしまう病気もあります。

    ご飯を食べにくそうにしている、食べ散らかしている、お口の中が赤い、口臭がするなどの症状が見られます。
    お口の中のトラブルは、腎臓病や体全体の病気に関わってきますので、早めに治療してあげることが重要です。

口内炎の治療方針 ~なるべくなら歯を抜かないで良い状態が維持できるように~

幼い頃に感染したウィルスにより、若い年齢にも関わらず
歯肉口内炎が重度のネコちゃん達も存在します。

歯が原因ではなく、歯肉が原因で痛みが起きている場合では
歯を抜かないで、口の中を良い状態で保つこともできます。

特にネコちゃんの犬歯に関しては、若い頃に抜いてしまうと
長い年月をかけて、骨に問題を起こしてしまいます。

犬歯が残せる状態であれば、抜かないで残してあげたいと、当院は考えております。

残念ながら、抜かなければいけない状態にまで進行してしまっていたら
なるべく骨の問題を出にくくするよう、処置をしていきます。

早期発見、早期治療で残せる歯は多くなっていきますので、
ネコちゃんの歯肉口内炎はお早めにご相談下さい。